つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

一期一会の世界をどう過ごすか、そしてそれをどう楽しむか

つくばに来るちょっと前に

テレビに出ている気象予報士の方の講演会に行ったことがあります

 

気象予報士の合格者というのは

数字は忘れましたが

1万人くらいだそうです

 

 

その中で気象の仕事をしているのが一割

さらにテレビに出られている方はまたその中の一割だそうです

 

テレビでの天気のコーナーは

数分だとしても

その数分にかける仕事は一日仕事

 

つまり2分半のために

8時間とかをかけて準備するとか

 

 

びっくりするつもりが

つい吹き出してしまい

「あ、笑ったなー😄」と突っ込まれてしまいました

 

 

でもこのやりとり

わたしとしては衝撃的でした

 

 

その後わたしは

ラジオ番組を制作したり

実際にしゃべったり

またその目線で

ラジオを聞いたり

しているのですが

どれだけ準備して臨んでいるか

手に取るように感じることができ

また

自分はしっかり自分のやるべきことを準備していきたいと

思うようになりました

 

 

 

f:id:route66-jp:20200619231731p:plain

パーソナリティを担当していた頃の写真

 

以前、2時間の音楽情報番組を担当していたことがあったのですが

2時間のうち音楽が40分程度

実際に話をするのが残りになりますが

当日の自宅で準備するのが約6時間でした

 

当日以外にも取材をしたり

先々のことを考えて様々な準備をして臨むわけですが

こうして特に準備時間が時給でもらえるわけでもない中で

苦にならず続けられたのは

「よい番組を作りたい」の一心だったからでしょう

 

実際に、準備をして来たかどうかは

いくら流暢に話をしていても放送の内容を聞けばわかります

 

そんな世界です

 

以前

わたしは

こういう記事を投稿しました

i-counseling.hatenablog.jp

 

ラジオって

次が約束されている世界じゃない

だから

今を一生懸命にやる

 

それは

あの気象予報士さんの仕事に対する姿勢から学び

そして実行してきました

 

 

今日もわたしは授業がありました

授業は時間給でいただくのですが

今日もその時間の数倍の時間をかけて準備をしました

 

作った資料は

まるでラジオの台本並です

 

だから

授業はラジオのLIVE SHOWをやっているようで楽しい

 

時給で考えれば

採算を度外視しているのはわかります

だけど

今日授業があるという偶然は

次回が約束されているわけじゃない

 

 

そして

授業はなんのためにやっている??

 

わたしはお金のためじゃない

自分の伝えたいことが伝わるか

 

だからお金に換算できない

 

次回があるかわからないこの状況で

今日一緒に勉強できる偶然に感謝し

そして伝えたいことを伝える

それの繰り返し

 

それが

わたしがわたし自身に

ベストを尽くしたと言える瞬間です

 

相手もわたしも

次があるかどうかわからない緊張感の中で

一期一会の世界を楽しめる

 

一期一会だからこそ楽しめるし

逆に続けられるんじゃないかと思うわけです