つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

ベストを尽くした後に残るものはなんだろう…自分が自分に課す 次への挑戦かな

先に言っておきますが

何でもかんでもわたしは全力で前向きにというタイプではないです

どっちかというと冷めているナマケモノ

やらなくていいならやらない方がいいんじゃ?みたいな感じ

自分ではそう思っていても

こればかりは他人からどう見られているかわからないですけれど

 

 

ここで

自分がやりたいと思っていたことに

ベストを尽くしたという手応えを感じたと仮定しましょう

おそらく相手様もそうなると喜んでくださるでしょう

次への期待が高まります

 

 

ここからが大事なんですよね

自分が意図したことが相手に伝わっているのかを確認すること

 

 

で、ここでは言いません

例えば1時間の仕事に何時間もかけたこと

それくらいやって当然と思われても困るし

 

 

 

ここを間違えると

潰れちゃうよな

 

 

 

なので

わたしはやりたくなければやらないという選択肢は残した上での

ベストを尽くす

感じでしょうか

f:id:route66-jp:20200620231735p:plain

要求やお願いの時はじっとわたしを見つめるのですが、ひとたび思い通りになるとこんな感じ

ベストを尽くした後に残るもの

 

たぶん

もっとやってみようという

自分が自分に課す

次への挑戦かな

 

 

ところでもう一つ

わたし自身が人事関係の仕事で

従業員のモチベーション施策立案業務を通して

得た一つの答えが

「成果には次の仕事で報いる」というものがありました

 

 

つまり

成果をあげた社員にはさらに次への成果につながる挑戦権を用意するのが

一番良いのではないかと感じた

その結論とも一致する

 

 

 

さて

今わたしは何に対してベストを尽くしているんだろう

そして次に何に取り組もうとしているのだろう

今は毎日を生きることが精一杯で

考えている余裕がないけれど

 

 

考えている余裕がないと言いつつ

これまでの人生経験から言えるのは

やっぱり頭や心のどっかでわたしは考えているのではないかということ

 

 

それがなんなのか

わかるのを待つもの楽しみです