つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

上半期をふりかえって、うつだったのかな?

お気に入りのポッドキャストを聞いていたら

上半期の記憶が飛んでいる話題になって

笑いながら聞いていたら

 

 

ハッとしてしまいました

 

 

どうやら

わたしも飛んでいるんじゃないかという

 

Anna & Lueのひみつの小部屋(完全版):Apple Podcast内の第336(2020年6月25日放送分)「Anna & Lue のひみつの小部屋(完全版)」

 

えーそうなの???

と、わたしも自分自身が飛んでいることが

にわかには信じられませんでした

 

ただ

 

自粛の時に何をしていたかというと

忙しく子どもたちの勉強を見ていたつもりでいましたが

それ以外の記憶があまりなく…

 

 

だからふりかえろうとしても

ふりかえれないのか?

とか思ったり

 

 

勉強に没頭していたのだからよいことだろう

とか思ったりしていたのは

気づかぬようにしていたのが背景にあったのかもね

 

 

f:id:route66-jp:20200702185201p:plain

今日はいい天気、気分も上々!!

 

昨日、ドクターの先生から

「この騒動の影響を受けたんじゃ?」ともご指摘の言葉もいただいていたし

 

 

ショックを受けた人のためになんとかしようと思っていたこと

実はわたし自身がショックを受けていて

そう動いていたのかも

 

 

ショックを受けるとというか

悲しいことがあると

他人に優しくなれる

というからね

 

 

そして

緊急事態宣言がいつ発令されたかも覚えていないや

そんな感じ

 

 

そう考えると

この期間中

どこにも出掛けたいとは思わなかったし

ステイホームが苦じゃなかったのは

出掛けたいとは思わない

じゃなくて

出掛けたくなかったというやつかもしれない

 

 

勉強はやっていた

というのも確かに休職期間中の行動と似ている

 

 

うつ=何もしたくないという風に言われているけれど

普通に笑ったりするし、おなかも減らないというわけじゃない

だからそういう表現とは違っていて

 

「省エネモードになって身を守っている」

とずっと表現してくれた

ドクターや妻の説明の方が当事者としてはスーッと入るし

今回の状態も当てはめるとしたら

あー、なるほど

自分で自分を守っていたんだなーということ

 

 

そして勉強をするという行動は

わたしにとって身を守る行動なのかも

と思ったり