つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

目指すものは「これからの時代の学び方、働き方、生き方」を伝えること、だからこそその道を追究している

今日のカード

初めて出たカードで「夜の虹」

 

このカードの意味は

「奇跡の虹が出てそれはご先祖様からの祝福」

 

このカードが出たなら

「よくやった自分」と褒めてだって

 

すごくない??

 

 

f:id:route66-jp:20200727223636p:plain

一番すごいカードなんじゃないかな、ご先祖様も後押ししてくれている

 

 

コロナで今までやってきたことが

続けられないなーと

そういう状況になって(誰だってそうだよね)

 

わたしの場合

別にそこにこだわって続けなくてもいいんだけれど

 

ただ

「これまでやってきた」と言う先には

わたしが目指しているものがあったからで

 

それまでも見失うのはいや

 

 

 

今までやってきたことは

目指すものに近くための手段

 

 

だから状況が変われば

それを変えればいいだけのこと

 

 

だからと言って

安易にオンラインとか代替品に走る気もしないし

・ICT企業にずっと勤めていたから生み出したものだったし

・実際にやってみたところで具合が悪くなるだけだったし

 

そんな中、これなんじゃないかと言う

そう言うものが見つかった

 

 

なんだろう このワクワク感🤗

なんだろう もうモードが変わっている感

 

 

 

ずっと昔にラジオを始めた時のような

見つけ出した感

 

 

ラジオはね

自分がしゃべる場を作ろうというところから始まった

 

今までは呼ばれて壇上に立つ環境を与えられてきたけれど

病気になったりでその場を失ってしまい

それに

ものすごい恐怖とトラウマでプレゼンができなかった

 

 

あれから10年弱

わたしはラジオというツールを使って今こうしてここにいる

たくさんの人に囲まれ、たくさんの場に顔を出し

こうしてさらにたくさんの経験を積んでまた話をしている

 

 

そこにまた新しいというか

停滞していた場から

そこから横に

また進み始めることができそうだと

道を見出した

 

このワクワク感がたまらない

 

今まで立ち止まっていたことは決して無駄にはならない

 

それを含めて

新しく進んでいく方向に

新たな一歩を

進んでいく

 

明日は大きな本屋さんに行こう!!

 

 

そして

買ってはおろすのをずっと躊躇していた鉛筆を今日は自信を持っておろした

 

この鉛筆を買ったのは2007年とか2008年だったろうか

 

病気も5年目くらいになり

先が見えないというか描けない毎日だった

文具を変えれば

何か描けるんじゃないかと買ったもの

 

他にもノートとかペンとか

アイディア出しのツールは思いつくままに山ほど買った

 

その中の一つ