つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

大切にしていきたいものこそ きちんと良い形で片付けていきたいと思うのです

毎週映画を観てラジオ番組の企画に投稿しています

先週と今週は

歳をとったらどう生きるか考えさせられる映画でした

(わたしにとってね)

 

先週は

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち

 

今週は

カールじいさんの空飛ぶ家

 

映画のどこに焦点を当てるかだけど

先にも書いたように

わたしにとっては老人の生き様ですね

 

老い支度とも終活ともいうのか

そういう視点ということもあるけれど

体が動かなくなってから片付けるのはしんどい経験をしたから

そちらの意味合いの方が大きいです

 

 

f:id:route66-jp:20200902225155p:plain

プルメリアに来たアゲハチョウ、いろんなお花を飛び回って忙しい

今日

妻に言いました

 

どこか祈りの場所を任せてもらえるのなら

ご縁のあった場所を大事にしたい

 

そして

体が動かなくなってからでは遅いので

片付けていく、掃除していく

老い支度で必要なことは新たに投資してでも

取り入れていきたい

 

 

元気な時にはいいんです

無理が効くし

誰かに頼めばいいということもできる

 

 

でも無理が効かなくなる時が来ます

そして

頼んでも引き受けてもらえなくなることも出てきます

 

そういう経験を

闘病中の12年間ずっとしてきたから

大切にしていきたいものこそ

きちんと良い形で片付けていきたいと思うのです