つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

限られた時間をともに走れるから、子どもさんたちと一緒に勉強していて楽しいと思うのです

何人もの生徒さんの学習をサポートしています

わたしは学習カウンセラーとして

「何を」・「どこまで」・「どうやって」という情報提供をしています

 

もちろん

その情報提供が生徒さんにミートしているかどうかを確認するために

実際に課題なりをやってみせ、やらせてみせてをすることを心がけています

 

 

これからの時代の「学び方」・「働き方」・「生き方」

「何を」・「どこまで」・「どうやって」

を掛け合わせると

いくつもの組み合わせが出てきて

 

そうなるとそれらを両立させることができるのも

年齢から言ってそろそろきびしくなってきました

 

 

f:id:route66-jp:20200903225531p:plain

台風の影響で昨日・今日と不安定な天候だったけれど夕方は晴れて気持ちよかったね、ママもTwitterに投稿していたけれどそっぽ向いています

 

そういう時は

悲しくもあり、悔しくもありですが

 

バスケットやサッカー

いやいや

かけっこだって

もう全盛期から程遠くなっているので

 

 

工夫していくより

ほか道はなさそうかな

 

そうなった時に

わたしはどんな生き方をしていくんだろうか

 

それを想像しながら

今日は昼寝を楽しみました

 

昼寝??

そりゃあ

休み休みやらないと働けないです

 

 

それでも

何かを仕上げようと取り組む先には

生徒さんの課題が迫っているから

 

つまり授業の準備です

 

準備をせずに知っている知識だけで乗り切ることも

この道35年やっていれば可能でしょう

 

でもそれをやってしまうと

わたしは新たに学ばなくなる気がしています

 

人それぞれだとは思いますが

目の前の課題があるのとないのとでは

やっぱり意気込みは違いますよね

 

 

若い頃は受験が目標だったけれど

だんだんと自分が設定した目標に向けて進んでいく

ただ自分が設定した目標だけだと

やはり目標自体を妥協してしまう可能性がある

 

子どもと一緒に勉強する

わたしにとってのメリットは

限られた時間を一緒に走ることによって

わたし自身が多くを学ぶことができる

そんなところでしょうか