つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

できること、好きなこと、したいこと のどれかに触れていたら きっときっといつかは自分の役に立つ

つくばに戻ってきたからというもの

一人で家にいると

急にものすごく不安だったり恐怖を伴う気持ちになります

 

原因はある程度はわかっているのです

 

それを振り切るために

仕事をしている

そう言っても過言ではありません

 

でもさ

それを忘れるために仕事するっておかしいと

自分でも思っているし

 

どうして

自分が恐怖心を感じなくてはならないのか

そういう気持ちにもなります

 

先が見通せない世界

なんで見通せないのかって

それは先を行く人たちの負の遺産を押し付けられているからじゃ?

 

 

 

f:id:route66-jp:20200904232438p:plain

今朝また新しい花が咲きました

詳しいことは後日発表されるそうですが

www.unicef.or.jp

https://www.unicef.or.jp/jcu-cms/media-contents/2020/09/UNICEF-RC16_JPN.pdf

 

子どもの幸福度が低いっていうのは

上から押し付けられたものが重いからって

わたしは考えるな

 

何かをすればあれこれといい

気に入らなければ攻撃する

そして自分の不始末を人のせい

 

もっとも

これらを自分に向けられたものだと思って

抱えてしまう自分に問題があることは

闘病生活を通じて向き合ってきたのですが

 

この夏も調子を崩し

なんとか持ち上がってきたその過程で

ふと気がついたことは

「やりたくない」と意思表示が

相手に対しても自分に対してもできてきていること

 

 

そして

昨日・今日と感じたのは

やらなきゃならないことを片付けてからやりたいことをする自分ではなくて

もっとやりたいことにフォーカスしていっている自分

 

先日ほしいものって書いたと思うんですが

それを買うと部屋が狭くなるから

じゃあいらないものを捨てよう

 

そうなっている自分って

自分ですごいなーって思うんです

そうなると時間の使い方も変わってきた

時間の使い方が変わってきたら

お金の使い方も

そして対人関係もまた変わってきた

 

今やろうと思っていることが何もできなくても大丈夫

 

なぜか?

 

今人前でしゃべりの仕事をしているわたしの話のネタは

休職して家でゴロゴロ

街でブラブラした時の話がほとんどだから

 

だから

できること、好きなこと、したいこと

のどれかに触れていたら

きっときっといつかは自分の役に立つ

 

「できること、好きなこと、したいこと」っておっしゃったのは

主治医の先生

 

今、そうだよなーと思う

そんな金曜日でした