つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

流行り廃りを繰り返し見ている人生で何を楽しいと思っているんだろうか

毎週ラジオの企画で

古い映画を観てレビュー送っています

今週はニューシネマパラダイス

 

主人公が小学生の頃から初老くらいまでの期間を

幼少の頃過ごしたイタリアのとある村を背景に描いたもので

青年の頃にその村を去るのですが

初老になって戻ってくるという話

 

かぶるものがあるなーと

 

 

f:id:route66-jp:20200909222951p:plain

今年のハスは今日で見納めかな

という前に

まず映画というのが

世の中を風靡した期間

それは第二次世界大戦後からテレビが普及するまでの短い間だったということ

わたしはその期間を過ごしているけれど

子どもの頃から映画館が苦手だったので

正直、映画を舞台にした社会というのがよくわからない

 

 

よくわからないものを

中途半端に懐かしいと思ってしまう微妙な立ち位置で

 

正確に言えば

「そういうものが流行ったのだけれど廃れてしまった」

ということになるのだろうか

 

54年も生きていると

流行り廃りは数多く見てきているわけで

結局期間の差はあれ

全てが流行り廃りのカテゴリーに入ってしまうんじゃないかと思う

 

 

となると

わが人生はすべて流行り廃りの中にあり

一貫してあるものは少なく

そういうものを見出して大事にするか

もしくは

流行り廃りを渡り歩く

ということになるんだろうかなーと思う

 

 

そこに冒頭書いた

「かぶるものがある」というのを重ね合わせると

どんな答えになるんだろうか

 

わが人生は虚しかった

ということになりそうだけれど

今を楽しく生きているつもりになっている自分にとっては

それはないと思うので

 

一貫してあるものと

流行り廃りを渡り歩いたものとに

何か

楽しさを最大にするファクターがあるのかな