つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

心にポッカリと穴が開いたような気持ちになった時、多分それは転機になるかもだけれどどうやってそれが生み出されるのか?

金曜午前中は

家事をバタバタとこなしながら

二つのラジオ番組にTwitter参加する

というのを1年半続けてきました

 

そして9月末で

一つの番組のDJさんがご出産のためお休みになり

10月第1週の金曜日は静かな週末になりました

 

今までの金曜は午後も楽しいラジオ番組が続き

その一連の流れを楽しんでいたのですが

昨日は気が抜けてしまいました

 

 

f:id:route66-jp:20201003230345p:plain

おやすみとなったのは北陸のラジオ局、写真は能登半島をドライブした時のものでそこで知ったんだよね

その

ふ〜っと気が抜けた瞬間

わたしは家のラジオを全部止めました

 

わたしの家、iカウンセリングでは

各部屋でラジオや音楽が流れています

 

音を止めて

静かに外の

生き物たちの声を耳を傾ける時間

(昨日はなんとツクツクホウシが鳴いていました)

そのままジーっと...瞑想をしていたんだろうか

いつの間にか眠りにつきました(昼寝です)

 

 

多分これからのことを考えていたんだろうけれど

思い出せない

 

 

 

そういえばいつの間にか習慣になってしまったこと

気持ちが沈んだ時とかつらい時に

眠って起きると治ったりしていることがあって

それは今でも活用している

 

その昔は眠剤で眠っていたりしたけれどね

 

ただ当時も

「つらいよー、苦しいよー」と思いながらは眠りについてないな

だけど何を思っていたんだろう

 

 

覚えているのは

「これからどうしよう、何をしよう」

というもの

 

 

これで何か思いついたということはなかったんだけれど

 

 

 

今はこうした時間に案外といいヒントが浮かんだりする

そして

昨日は音を止めてみたら

それがとても新鮮で楽しかった

 

ただね

楽しい時間だということは覚えているんだけれど

何が楽しかったと言われるとそれは覚えていなかったのだけれど