つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

わたしが考える「勝利の方程式」

わたしが

塾講師・家庭教師を始めたのが

筑波大学に入学した1年生の時

 

そこから数えると35年

一緒に勉強した生徒さんたちは

小中で3000人を超えます(集団塾だからね、家庭教師だと2桁少ない)

 

そして大学受験の高校生

そして大学生・社会人

 

昨日

あるサイトで

難関大学に合格するためには

高校3年間で「3500時間」の勉強が必要とあり(トップクラスだと4000時間超え)

 

この数字は

学校とか予備校の時間を抜いてだそうで

 

すごいなーと

 

ただ、わたしも先日書いたように

国立大学受験の家庭教師は週6時間が目安と記していたので

計算すると

3年間で900時間となります

 

 

言い換えれば

3500時間の勉強を

わたしが900時間サポートするとして

どれだけ減らせるか

ってことをご提供していると考え

さらに

この先の進路・キャリア作りに役立つ成果も一緒に

サポートしている

そう考えてよいと思います

 

 

f:id:route66-jp:20201106184546p:plain

先日の筑波大学の写真

 

わたしが提供している学習指導の

究極の目的は

「子どもの時間を取り戻すこと」です

 

わが子たちに

「時間をプレゼント」するために

中高一貫に入れて

わたしが学習をサポートする話を書きました

 

3500時間を900時間(本当はそうじゃないのですがここではイメージで)にすれば

2500時間浮くわけじゃないですか

 

2500時間って

1年の1/4だし

労働者の年間労働時間は2000時間以下とされていますからね

 

で、

じゃあどうやって??

 

と言われた時に

わたしはこう答えています

 

リクエストがあれば答えるけれど

手取り足取りやっていては終わらないので

やり方を教えています・考え方・取り組み方を教えています

 

 

ここから先は冗談なんですが

教えているのはたった一つ

「勝利の方程式」ですと

 

 

勝利の方程式ってなんだ??

ここからブレークダウンしようとしていたのですが

 

・寝る子は育つ

・よく学びよく遊べ

 

の二本はすぐに思いついたものの

三番目がなかなか見つからないで

何年?何十年ときてしまいました

 

 

なんと

今日、候補として

・全ての道はローマに通ず

なんてどうだろう

 

思ったんですね

www.youtube.com

 

 

そりゃ、何年も考えてきただけあって

三本目は慎重になります

 

 

でも今日感じるところではこれがよさそう

 

そして

これら三本の言葉を

一本の式

 

つまり

方程式としてあらわすことができたらいいんですよね