つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

大切な友達の言葉は大切にしたい

高校2年の今くらいの時のことでした

授業中、計算用紙に落書きのつもりで

新聞記事を書いたのを見た友人が

「エッセイスト」になったらいいんじゃないかと

 

大学の時に

緊張する新人先生を驚かせようと書いた黒板の落書きを見て

また別の友人が

物を書いている姿が一番楽しそうと

 

わたしはわたしなりに

その時叶えたい進路があったので

たとえそのような才能があったとしても

それは趣味で取り組めばいいと思っていました

 

さて

ちょうど10年前のこと

 

病気になって8年目

これだけ長患いしていたら

もうあきらめとか投げやりみたいな感じになっていた時

 

わたしが死んだら

わたしはこういうやつだった

みたいな

 

それこそ

自画像みたいな文章を

年の離れた若い友人に読んでもらい

おもしろいと言われたこと

 

これがラジオD.J.をやってみようと思ったきっかけです

 

あの頃

病気のせいもあって

とにかく人前で話をしたり

人に見せる文を書いたりすることに

躊躇していて

職場でもものすごく気を使ってもらっていたのです

 

それを

後押ししてくれたのは友達ではないけれど

上司の方々

 

 

 

f:id:route66-jp:20201125181926p:plain

ここでの開催は実現しなかったけれど、いつかまたそんな時が

 

あの頃

本当に身体が重くてつらくて

一日がしんどくて

 

顔の見えない

ラジオで話をしている時

も含め

ラジオで話をするんだと

ネタを考えている時

時が経つのを忘れられた

 

朝から1日が重くて

夜の薬まで1日持ちこたえられれば

1日が終わり眠れる

 

1日・1日生きていれば

お金も入って家族が生きていける

そんな1日を早送りするためには

どうしたらいいかを考えるような毎日

 

書いていれば

気がまぎれていたのと

伝えたい思い

残したい言葉というのがあって

それを拾ってもらいたい

というのがあったんだと思う

 

今こうして

話をする場を設ければ聞きに来てくれる人がいるし

今日もラジオに参加して

DJさんが笑ってくれて

 

自分が書いたことが

よい形で拾ってくれて

広がっていくのを見て

ああよかったな

 

 

そして

書くことを勧めてくれた

たくさんの周りの方からの言葉に

あらためて

ありがたいなと思った日でした

 

5年くらい前に

エッセイの勉強をして

ゆっくり身体がなじんだころなのかな

 

最近手に取った奈良のエッセイ集を読んで

また

書いてみたいなと思いました

 

何より

一番書くことを勧めてくれたのは妻ですから