つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

大変だった時代の音楽をふりかえった夜

昨日は一緒に勉強する仕事が長引いて

SONGS 福山雅治編が途中からになってしまった(奇跡的に録画できいたのを後から知るのだが)

 

それで

見始めた時にちょうど「道標」という曲を演ってくれて

あーこの曲だったんだとうれしくなった

 

 

f:id:route66-jp:20201213232733p:plain

この曲の聞くとイメージするのがこんな光景

道標の曲が出た頃は10年ちょっと前

わが家にはまだむすこ3人が暮らしていた

毎日よく家の中でかかっていたなー

 

 

妻とはこの曲の思い出を話して

いい人生だったね

という話をして

そのことをブログに書きたいけど

それはいつか

 

 

一緒に勉強する生徒さん

そして親御さん

家族全員で力を合わせて乗り切る受験勉強の先には

とても素晴らしい展開が待っている

そういうことを伝えられたらよいのだけれど

それはわたしが与えるものではないし

 

 

ただそういう世界が待っているということを伝えられたらな

それは家族全員で掴むみのだということも一緒に