つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

一所懸命に親子で頑張れば乗り越えられれば きっと何年かして大きな結果となって返ってくる

今日は

「レオがチョコかなんかを食べてしまった」との話からスタートしました

急いで獣医さんのところへいって今のところ

容体に異常はなさそうでホッとしています

 

今日の昼のお散歩(というかトイレ)は夫婦で

夫婦で行くことで

様子を二人で同時に確認できます

 

一人だと

「様子どうだった?」

「元気だったよ」

となり

 

元気ってそれぞれ定義もイメージも違うから

細かいところで共有できなかったりするわけで

一緒に同じものを見て確認する

 

私たちは知り合って44年

結婚して32年

3人の子どもを育て上げても

それでも

こうした確認には慎重に慎重を重ねています

 

f:id:route66-jp:20201216232254p:plain

二人で出かけられたからこういう写真が撮れました


しかしまあ

今回も拾い食い(マジか)

大人になったのでやらないと思っていましたが、なかなかどうして

 

 

生き物を飼うと

いや、子どもを育てると

こういうことに何度となく

 

身が縮む思いをし

予定通りことが進まず

そして出費も増える

 

それでも

どうしてお世話したくなっちゃうんだろう

 

不思議なものです

 

正直ね

わたしのこれまでの稼ぎの多くは教育費に使いました

それでよかったと思います

 

そして今もなお

教育費をケチらないで

どんどん投資して勉強しています

 

一緒に学んだことで

未来を切り開く力にしてほしいなと思うから

 

そういうわたしも子どもたちが大きくなってからの教育

先が見えない時代の勉強

つまり大学受験になると

少し勉強したくらいでは結果が出てこない世界

 

当時はよく頑張ったなと子どもたちもそうですが

自分も含めてそう思います

 

 

一所懸命に親子で頑張れば乗り越えられれば

きっと何年かして大きな結果となって返ってくる

 

「だから一緒に頑張って」

 

 

そういう風に応援できること

わたし自身が感じる喜びのひとときです