つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

違う未来がほしいのなら、違う種をまく2

昨日の続きです

新月の祈りが間に合わなかったので

アロハカードを引いたら

メッセージをいただきました

 

 

 

ちょうどね

わたし

違うことを始めようと思っていたんです

 

 

 

それは前回

一回手放してみたもの

手放してみてどうなるかなと思ったら

わたしの手の中にまた訪れた

 

興味はあるけれど今までやったことないし

やったことがないから挑戦することはよいことだと思うけれど

それはそれで簡単にできるけれど

今やっていることをやめないといけなくなる

これがなかなか大変なことなんです

 

 

f:id:route66-jp:20201222153719p:plain

今日はレオは手術で病院にお泊まり、無事に明日帰ってきてね

「違う未来がほしいのなら、違う種をまく」

言葉でいうのは簡単だけれど

実際には今動いていることを変えるのはなかなかしんどい

 

だけれど

今までをふりかえると

転機というのは

やっぱり違う種をまいたからだよな

と思う

 

結果的にうまくいくから

なんて

そんな風には割り切れない葛藤が

この中にはあるのです

だから苦しい

 

不安と期待

今その中にいます

ただ

この歳でもまだ

こういう感覚を味わえるのは幸せかも

 

病気の時って

感覚鈍っているから

そういう時間を長く過ごしてきたから

苦しくても向き合うべきだと

そう感じているのです