つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

再びの緊急事態宣言は 自分の行動とリンクさせて考えれば 不安も和らぐかな

わたしの部屋では

常時複数のラジオ放送局からの情報が流れています

 

複数というのは

首都圏の数局ではなくて

全国からの数局

 

となると

今のこの状況をどう伝えるかについても

それぞれで

ツアー募集中なんていうのもあるから驚きです

 

逆に

首都圏の民放のテレビ局を見てみると

ここつくばからは想像できないようなピリピリ感が伝わってきて

わたしのようなHSPにとっては

長くじっくり見ることは避けたい

そう思ってしまいます

 

 

 

f:id:route66-jp:20210106183507p:plain

交通ストの日のマンハッタン、こちらはニュージャージー側からですが、テレビを見ても島の様子はわかりませんでした 10年以上前の話です

 

ニュースを一生懸命に見ていても

自分が必要とする情報にアクセスできるかというのは

実に微妙でして

 

 

かつてニューヨーク(の近く)を訪問した時

地下鉄がストとなり

わたしもどうしていいかわからなくて

テレビをずっと見ていたのですが

そもそも英語がわからないしで・・・

 

 

その日はマンハッタン島で予定があったのですが

これはてっきり中止だろうと思って

宿のベッドでゴロゴロしていた時に

「行くぞ」と呼びにこられ

 

 

「ストですけれど・・・」と言ったものの

『それがどうした??』のリアクション

 

 

概況を知っても

行動の意思決定ルールまで含めて考えないとねー

 

と、この時学んだのでした

 

 

そう思うと

再びの緊急事態宣言は

自分の行動とリンクさせて考えれば

 

 

不安も和らぐかな

 

 

オンラインで学習サポートができるよう

可能な限りの準備はしたし