つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

自分を苦しめているものから解放されるには自分の中のことに手がかりを見出したらよいのだろうか

今日は起きた直前に見た夢が原因なのかわかりませんが金縛りみたいにダウン⤵️

調子を整えていくうちに

「解離性健忘」という言葉を思い出し

それが今の自分を追い詰めているのでは思うようになりました

 

とはいえ

健忘というくらいですから

はっきりとした記憶がない

 

この先は妻や主治医の先生に相談ですね

 

しかしトラウマというのは

以前から知ってはいたのですが

次々と遡っていく

つまりは自分でどうこうできるレベルじゃないだろう

というところまで

 

そう

自分でどうこうできるわけじゃないから

自分が作り出したわけではない業に苦しめられていて

それが自分の意思ではなく

誰しもある、ありうるとしたら

なんとも不条理であり

また

なんとも自分の業と向き合う尊さというのも

せっかく生を受けたのだからと感じずにはいられないですね

 

特定の誰かに対する感謝ではなく

ここまで命をつないでこられた

過去生という偉大なるものに対しての感謝なんだと思います

 

 

f:id:route66-jp:20210115232801p:plain

よく思い出すのがこの夕陽の場面

毎朝、お参りをしているのですが

その時に思い出す光景があって

そこに感謝の気持ちをお伝えしています

 

 

その時に思い出す光景

そのひとつが自分のルーツをたどる旅で見た光景

 

おそらく

ご先祖さまも見たであろう光景であること

そして

それはおそらくわたしの知らないうちに

生まれながらに記憶されているのかと思うと

なんだかとてもうれしい

 

そこに自分が追い詰められていると感じることに対しての

その苦しみから解放される手がかりがあるとよいのですが