つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

32回目の結婚記念日に思うこと

今日2/11は32回目の結婚記念日で

朝からラジオでお祝いしていただきました

リスナーさんからも多数メッセージをいただき

なんだかとてもうれしいです

 

その記念日の今日

思い切って考えていたことを言葉にしてみます

 

正直

32年前の今日

32年後の今日が

こういう日々になるとは思いませんでした

 

当然これから先もわかりませんが

わたし自身は

早くに結婚してよかったと思ってきました

 

当時若い結婚にとやかくいう人もたくさんいました

この20年くらい、いやもっと前?から

常々思ってきたのですが

「どうだ文句あっか」と言いたい気持ちを持ち続けてきました

 

それが励みになったとは思っていないことはもちろん

一生懸命に頑張ろうと思っている人に対して

外野からあれこれという人が一人でも減ってほしいと

思ってきたからです

 

ただ

直接的な表現として

ここで書いてもしょうがないし

なので

エピソードとして自分の歩んできた道を

今まで文に綴ってもきたのですが

ここのところ

他によい表現方法はないものかと模索しておりました

 

わたしの結婚エピソードは

ラジオでSNS

リアルには講演会や飲み会でも

披露して

 

わたしの伝えたいことは

聞いた人に

「自分を信じて自分の道を生きる

 その時道は開ける」って

自分の人生を自分で背負っていってほしいなということ

 

結婚にしてもそうだし

背負った環境に対してもそうだし

もし病気やトラウマを抱えて

塞がれた状況だと感じているのなら尚のこと

 

 

「いい話だね」「すごいね」で終わってしまわずに

どんなやり方で続けていったらどうだろう

 

伝え方を考えるか

それだけ頑張れたのだから

これからの道でまた頑張って

その成果で示せばいい?

 

 

そんなことを思いながら

 

さっきタロットを引いてみた

 

まず

これから夫婦でどう過ごしていくかということ

 

 

f:id:route66-jp:20210211224718p:plain

こちらはこれからの夫婦の時間、あり方、どう過ごしていけばいいか

 

こちらは

わたしの自身のこと

仕事というか手がけていることについて

 

 

f:id:route66-jp:20210211224834p:plain

これがわたしのワークに対するカード

 

今、iカウンセリングのオープンダイアログの部屋をアトリエ化しようと考えていて

これまで

ラボ(実験室)⇨学習室⇨対話室と変遷してきた場を

作品を産む場にしていきたいと考えていただけあって

その先を示唆するカードが出たと思っています

 

今日は結婚記念日だけでなく

iカウンセリング設立の日

9年目に入ります