つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

長い病気の期間でも大切なことをつかんでいたと感じられた春のできごと

あるメルマガから

「XX歳を過ぎると新しい音楽を聞くことよりも

今まで聞いた音楽を繰り返し聞くようになる」と言った内容が

書かれていて

あらためてそうだよなーと思ったと同時に

これって定説なのか??と思って調べて見たところ・・・

 

 

やっぱり同じようなことを考える人っていらっしゃるようで

・人が言ったことをそのまま自分に当てはめて考えてしまう人

・出典と根拠となるデータなりエビデンスを探す人

 

それぞれだなーと思った春の一日になりました

 

 

かくいうわたしはというと

30歳を過ぎたあたりは・・・

その傾向がありましたね

 

 

その殻を打破?してくれたのは

友人・先輩の力が大きかったです

 

 

でも

今度はその打破してくれた音楽をまた繰り返し聞くようになるんですね

 

 

やがて

わたしは長い期間

病気と向き合うことになり

そこでラジオDJをやることになったのです

 

最初は懐メロばかりをかけていたD.J.HIROでしたが

いただいたリクエストにはこたえようと

おそらく一曲も取り残すことなく

コンプリートした先に

わたし自身が魂の底から

まるで10代の頃と変わらぬくらいの音楽の衝撃を

受けることができました

 

さて

病気の期間

その12年間って

いったい何やってたんだろうみたいな思い出になってしまっているんですが

そう思っていた4年前

ラジオのイベントに参加して

開局してからの20年間のナンバーワンソングを決めようという企画がありました

 

 

ただでさえ新しい音楽を聞かなくなっている上に

闘病期間でしょ

音楽だけでなく世の中の流行でさえよくわかっていないのに

 

 

だだ

ラジオDJとして活動させていただいて中で出会ったナンバーワンの曲は

これだなーと思っていたのがこの曲

www.youtube.com

 

f:id:route66-jp:20210303184049p:plain

その時のラジオイベント、福岡は春でしたねー

20年の第1位はこの曲と紹介された時

ものすごく驚いたと同時に

 

ブランクの期間のことなど気にしないで

わたしはわたしなりに大切なことをつかんでいたんだと思えて

とてもうれしくなりました