つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

生徒との信頼関係というのは最終的にお互い心地の良い距離感になるのだろう

受験指導と学習指導

似ているようだけれど

今日あらためて考えてみることに

 

受験指導というのは

学習指導の延長にあるとわたしは考えている

 

無茶だなと思うものは

引き受けない

 

では引き受ける/引き受けないの基準ってなんだろう?

 

それはお互いの信頼関係かなと思う

 

ただ、信頼関係の基準ってなんですか?というのは

 

また難しい問題ではあるが

 

感謝とかお金じゃなくて

 

イエスマンとか取り巻きでもなくて

 

結果を出すとかそういうのじゃなくて

 

昨日も書いたけれど「行動で示す」ということなのかな

 

もちろんそれは言われたからやるというのとも違う

 

 

f:id:route66-jp:20210304174343p:plain

こういう場合の信頼関係というのは・・・さらに難しい

 

受験指導というのは

 

講師と生徒との共同作業になっていくと思うんだよね

 

仕事の感覚に似ている

 

つまり学生時代受験指導を生業としてきた時代の感覚が

 

社会人となって仕事を進めていく上での感覚とマッチした

 

いやマッチしてしまう

 

人それぞれ進め方というのがあると思うのだが

 

わたしは先行型

 

HSPな人間にとっては自分が締め切りに追われるのはまだしも

 

他人が締め切りに追われていて醸し出すそのピリピリ感には

 

耐えられない

 

だから、先行逃げ切りのスケジュールを立てる

 

ここで

 

それが共有できるかどうかが

 

引き受ける・引き受けないのポイントなんだろうな〜