つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

青春の思い出は優劣がつけられない

確かにわたしは学生時代

(特に中学校から大学3年まで)

まったくと言っていいほど

勉強しない・机に向かわなかったのだけれど

参考書などを買うのは好きだった

 

 

f:id:route66-jp:20210305232501p:plain

お気に入りの場所は同じようで・・・

自分の参考書に加えて

むすこたちでしょ

そしてまんてんエデュケーションの運営で

その数は1000冊を超えている

 

今は子どもより夢中になって読んでいるのだが

よくよく考えると

その当時勉強しなかったことを

取り戻しているような楽しさがある

 

つまりは

ほとんど勉強しなくても大学に合格して卒業できたけれど

勉強しても

それはまた楽しい人生だったなと思う

 

ただね、

若い頃は

他のことでいろいろと忙しいのよ

勉強する暇がないくらい

 

 

スポーツ・音楽・旅行・読書・人付き合いなどなど

どれもこれも最高の思い出