つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

今日も門出をお祝いしました

辞めることを「卒業」と婉曲表現するのを

15年くらい前から耳にするようになりました

違和感を感じてなかなか受け入れられないのですが

そんな卒業シーズンの年度末です

 

いわゆる課程修了もあれば

婉曲的な卒業もあり

いずれにしても

今までのようには頻繁にあるいは定期的に会えなくなるわけですから

さみしいものを感じます

 

でもしょうがないよね

 

 

f:id:route66-jp:20210326232640p:plain

カップ麺のフタをめくったら「当たり?」 自由に旅ができればなー

場はいくつもあっても身は一つ

 

なので

 

いくつも掛け持ちするのも限界があり

 

卒業ということになるのでしょうけれど

 

人生ふりかえって

 

「あー、楽しかったな」とまた訪れたい場所が

 

たくさんあること

 

幸せに感じます

 

一方で

 

わたし自身が逆に訪れられたい存在であること

 

それ以上にありがたいことだと思います