つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

苦い思い出もありがたかったと思う時がやってくる??

今日本屋さんで

ヘミングウェイの作品を題材にした英文法の本を見かけました

ピンと来たんでちょっと読んでみて

まんてんエデュケーションの教材に加える準備をします

(まだ買ってない)

 

 

わたしが高校生になるときに

英語のクラス分け試験に遅刻してしまって

遅刻はマンガを買いに行ったりと余計なことをしてしまったのですが

その中でも

英語に自信があったわたしは舐めていたんですね

 

 

入試も第二志望で楽勝だったこともあったのでしょうが

しかしながら

クラス分けテストは難しくて読めない・・・

 

 

後から聞けば

みんなも読めなかったそうで

それだけに遅刻したことが悔やまれ

その文章がヘミングウェイの「老人と海」だったとか

 

 

わたしは結果2番目のクラスとなり

勉強の目的が一番のクラスに上がることになってしまい

高校のスタートダッシュが大きく歪んでしまいました(反省)

 

 

ヘミングウェイもトラウマになってしまい・・・

f:id:route66-jp:20210402221516p:plain

シャレのつもりで訪れた時の写真、フロリダ州キーウェスト

 

あれから40年?

39年か

 

いよいよ読み出すのかな?

そしてあの遅刻が無駄じゃなかったってなるとよいんだけれど

 

 

ヘミングウェイで学ぶ英文法

ヘミングウェイで学ぶ英文法

 
ヘミングウェイで学ぶ英文法 2

ヘミングウェイで学ぶ英文法 2