つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

「自分が心底おもしろいと思うことを書いていけたらいいな」 すぐには無理かもだけれど それに近づけていきたい

連休に友人と歩いたのは

運動不足解消が目的でしたが

歩いてみると

歴史的遺産をたくさん見つけることができました

(一緒に歩いた友人は興味がないらしく早く次へ進もうと急かされたのですが、、、)

 

 

f:id:route66-jp:20210506231231p:plain

これはそこそこ有名な建物

 

そんな中で

歩いて見つけたものや

帰ってから調べたものを足して

レポートを作成したんですね

 

それを同じ筑波大学時代の友人に送ったところ

ウケていました

 

あまりに内輪受け過ぎて

オープンにできないのは重々承知なんですが

それで気がつきました

 

結局、お金を払って

手間暇かけても欲しい情報って超内輪受けなんじゃないかと

 

だって自分のルーツ探しの時だってそうだよね

多分自分に関係することしか興味ないわけで

だけど

そこに費やすエネルギーってハンパないくらいの興奮がある

 

 

それと似ているような感覚を

このウォーキングで感じました

 

若い頃から気になっていた

どうしてこの場所にこういうものがあるんだろう?

 

それはその時に疑問に思っていないと

解決してもおもしろくないだろうなー

 

こうして毎日

ブログを書いているわけですが

書きたいこと書けているだろうかって常に思うのです

 

自分だけが見るものではないから

そこは意識しているし

だからこそ読んでくれた人のヒントになって

いつか仕事につながるといいなと思って書いているんだけれど

そのせいで書きたいことが書けなくなってしまうリスクも感じていて

 

わたしもかつては

文を書くことを仕事にしていたし

万人向け書く経験をしてきたので

その影響なのか

「これを書いてもいいんだろうか」というあたりで

踏み込めないでしまっていて

結果的におもしろくない中身になってしまっているんじゃっていう

ことが気になっていたんだよね

 

今回、自分で見た記録と

レポートにするために参考にした多くのwebsiteなどがあったけれど

自分の欲しい情報はそこには載っていないんだよね

だからこそ知りたい欲が増してくる

ただ、それを誰と共有したらいいのか

それを考えると悩んでしまうんだよね

 

言えることは一つ

「自分が心底おもしろいと思うことを書いていけたらいいな」

すぐには無理かもだけれど

それに近づけていきたい