つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

もっと根底から 表現したいものを表現したら なにが残るんだろうね

お世話になった大学の教官も

時が流れて退官

寂しいものです

 

数年前に最終講義で先生が話されたのは

「黙っていると歴史の彼方に消えていくのできちんと話をしておく」

といった内容

 

わたしが伺ったところで

真相はわからないし

影響もないんだけれど

 

でも

中身は別として

この「歴史の彼方に消えていく」って言葉

今思うと

刺さっているし

この言葉だけでももらえたのはとてもよかったと今思う

 

 

f:id:route66-jp:20210507230714p:plain

この花の命ってどう繋がっていっているんだろう・・・という話

20代から30代にかけて

対外発表する機会が多かったため

相当な準備をして臨んだんだけれど

 

そんなこんなしているうちに

記録に残っていくことと

歴史の彼方に消えていくことが

ハッキリと見えてしまった経験がある

 

その時は

仕事というかミッションだったので

ミッションを優先するのが目的で

でもいわゆる

「お蔵入り」にしてきたことが多々あり

いつか日の目をと思っているうちに

蔵にしまったことすら忘れてしまうようになって

今に至る

 

一方、ふりかえると

対外発表していた時期って

なにをもって自分が記録を残そうと思っていたのか

それを思うと自分がなかったなーと

思う

 

うまくやろう/楽しくやろう

とかあるけれど

そういう議論じゃなくて

 

もっと根底から

表現したいものを表現したら

なにが残るんだろうね

 

そういうエネルギーを感じるようになった