つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

場づくりについて考えたこと5

場づくりについて書いている

場づくりについて大学の先生と共著で教科書(になると聞いている)を書いたので

詳しくはそこに書かれていると思うのだけれど

ここでは自分の考えを再確認する上でもう一度書いておく

 

人が集うからには

それぞれの目的があると思う

なので

それをきちんと把握することが大事

 

目的というのは

言葉になっているかどうかは怪しく

言葉通りに受け止められない難しさがある

だから

行動で確認していくしかない

 

 

f:id:route66-jp:20210514145423p:plain

これは、好奇心で訪れた場

目的と実際の行動が

お互いミスマッチを起こすと面倒になるし

グループ・ダイナミクスが狙った通りに進まないからだ

 

グループ・ダイナミクスと場の力については

わたしは使い分けて考えるようにしているが

ときには混同して記載してしまうこともある

 

グループ・ダイナミクス

グループで集まったからこそ発揮できることを指している

 

場の力というのは

これは自分しかわからない定義で自分で使っているのだけれど

土地がもともと持ってるような力で

それが本当にあるのかどうかもわからないけれど

人間の力ではどうにもならないような力・・・だと思っていて

そういうところではわたしは無理しない、逆らわないようにしている

 

と自分で自分のために定義している

 

後者については

ここではあんまり考えないようにして

そう、場の目的というのをハッキリさせておくというのが

良いんだと考えている

 

学びの場だったら学ぶ行動

暇つぶしだったらまさにそのまま

同窓会だったら、旧交を温めるというもの

だから勧誘とかはNG

そんな感じだし、目的とする行動が促進されるよう働きかけるのが

運営側として良いことだと考えている