つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

キャリア再構築の思い出

今日は友人と電話で話をする機会がありました

電話で話と言っても

特にあらたまった話でもなく

買い物や食べ物の話ですが・・・

 

その流れで

50代のキャリアについて考えるきっかけとなり

https://www.dlri.co.jp/files/ld/153343.pdf

 

サードプレイスを活用して自己のイノベーションをというレポートを見ることに

 

 

f:id:route66-jp:20210604211408p:plain

旅先のコーヒーショップにて

 

わたしの場合、病気休職をしてしまったので

キャリアの再構築を余儀なくされたという経緯があり

 

もとより

ドクターから「価値観」の再構築という話も出ていたし

それはそれは時間がかかるし目に見えて結果が出るものでもないし

 

こうしたレポートもない時代だったから

どうにかこうにか手探りで進めてきたなと思うのでした

 

言われてみれば当たり前のことなのかもしれませんが

実行していった自分自身には驚きます

 

そして

こうしてレポートにまとめてくださったのも

あーそういうことかとありがたく思いました

 

 

 

ふりかえって

言えるとしたら

第三の場は、ここに行けばなんとかなるというものでもなく

活動したところで結果がでいるのかどうかもわからない

 

 

教育機関・再構築機関・イノベーションを起こす機関でもないしね

 

 

それに

サードプレイスでいろいろなことを試してみたりはしたのだけれど

それが今どう役に立っているかというと

・蒔いた種が花開いた

・人のつながりが今を支えている

・新しいことに出会った

 

というのとは違う

 

 

キャリアや価値観を棚卸しして・・・

なんていうのも違う気がする

 

 

一言で言うのなら

元の自分に戻っていったなのだろうけれど

これがサードプレイスの効果なのかはわからないし

 

むしろ病気をしたこと、治療の一環としての成果なのかもしれないし

家庭を持って子育てをしていった先に得られたことなのかもしれない

 

それはわからない

 

ただね、サードプレイスに出会えてよかったと思っているし

今新たにサードプレイスを探そうとも思っていないので

必要な時に必要だった場所なんだろうな