つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

英語で学ぶということ

今週の映画レビューは

ティファニーで朝食を

Breakfast at Tiffany's

でした

 

この言葉を知ったのは小学校5年生の放送委員会が

きっかけなんですが

こうしてオンエアされる日まで44年

 

すごいですね

 

f:id:route66-jp:20210617181747j:plain

5th Avenueの Tiffany'sです

最近

大学受験生(高校生)の英文を

次から次へと読んでいるんですが

昔と違って古典などの名作を読むというより

 

今風の話題を使って

文法などを上手に埋め込んだ

教材用に作られた文章を読んでいる気がします

 

それはそれで良いのですが

その話題というものが

ひと昔自分が体験したようなことが

書いてあって

「あー、そういうことなのか」とそれを英語で読んで納得している

という

よくよく考えると不思議な時間を過ごしています

 

もちろん

これらは授業のために使うことが目的なんですが

内容・文法の理解の説明だけで終わらせちゃ

もったいなくてこの先にある

わたしの体験談も交えて話ができたらと思うのですが

限られた時間でそこまで到達できるか

わたしの腕の見せ所ですね