つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

あっという間の人生だからこそ 熱く生きた方がいいというのもありますが 後からふりかえって 熱く生きたのかと思えるかどうかは また別物なのかもしれません

「ご縁」と聞くとスピリチュアルなイメージを想像してしまうかもしれません

本当にそうなのでしょうか

 

わたしが「ご縁」という言葉を意識し始めたのは10代の頃ですから

(その前はもう覚えていない)

もう人間が生まれ持っているものなんじゃないかと思います

 

 

f:id:route66-jp:20210620170624p:plain

子どものころ行きたがっていた「平林寺」というお寺の写真


わたしの好きなバンドは

2006年に活動を休止してしまって現在に至るんですが

その頃わたしは

病気休職から復帰するあたりで

「休止」ということはもちろん知っていましたが

その時のファンの反応など

どんなことがあったというのは

詳しく見ていませんでした

 

あれから15年経って

ネットにはその時の様子っていうのがまだ見られるんですね

 

当時流行った「掲示板」それがなくなってしまっていても

その掲示板に関連した記録というのが残っていて

まるで歴史を紐解くかのような

そんな思いでここ数日読んでいました

 

そんなことをしていると

やっぱり

人生はあっという間だなと思わずにはいられません

 

あっという間の人生だからこそ

熱く生きた方がいいというのもありますが

後からふりかえって

熱く生きたのかと思えるかどうかは

また別物なのかもしれません

 

「空白のうん年」と呼ばれる中にも

日々の生活があるわけですから

それは同じように朝昼晩とあるわけですから

 

バンドにも

ファンにも