つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

試合にも出てないのに学ばせてもらった 「あきらめない心」を

 

 

毎週ではないですが

よく聞いているラジオ番組が

九州のLOVE FM

「世界は夢であふれている」

 

今回は公園がテーマだったんでじっくり聴きました

 

別に狙ったというわけじゃないんですけれど

 

わたしは公園のそばに住んでいたことが多いんです

 

公園がない場所に引っ越してきたとしても

 

すぐにできるとか(不思議だよね)

 

中野区だとさくら公園とか

(引っ越してきて2ヶ月くらいかな)

 

https://kugikai-nakano.jp/shiryou/14310192947.pdf

 

それと

世田谷区だと

成城7丁目緑地とか

 

園都市に住むことは多いなーと思っていたけれど

公園の近くもなんだね

 

 

f:id:route66-jp:20210720174702p:plain

ラジオで紹介されていた最初の洋式公園の山手公園

 

ラジオで紹介されたのは山手公園

ここにはわたしの大切な思い出がある

 

高校のテニス部で

まさか勝てないだろうと言われていた試合に

代表メンバーが勝利した場所

 

勝てないだろうと思っていたのは

わたしの勝手な思い込みで

本人や応援団長は

「絶対勝つ」と思っていたとは思うんだ

 

最初冷めた雰囲気で斜に構えていたわたしはこの試合の途中から

熱くなって

試合にも出てないのに学ばせてもらった

「あきらめない心」を

 

そして部員からも言われた

「ホントはテニス好きなんだろ」とも

 

あの頃どんな状態でいたのだろうか

今となっては

遠い過去なんで正確描写することもままならないけれど

 

あの時の思いが今を支えているのは間違いない

 

あきらめない心がホントに自分にあるのかと言われるのなら

 

原点はここにあると思うんだよね

 

時代は1983年、その後一度くらいは行っただろうか

 

そして最後訪れたのが2015年12月との記録がある

 

多分、薬が抜けたから

行ったんだと思うんだけれど

 

もう一つ、今のうちに行っておかないとと思ったのは

このあと本当に東京を離れると思っていたのだろうか?