つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

今こうして生きていることが 決して偶然ではなかったんだなと思って今日はうれしい一日になりました

土曜配信のタロットのコーナーお聞きいただけましたでしょうか

 

わたしも妻も夫婦でこのカードのメッセージの効果なのか

 

いつもは滞ってしまいがちになる場面・場面でサクサクと

 

物事が進む

 

なんて話を今日お互いしていました

 

anchor.fm

 

わたしも自分の時間は自分の時間と

 

少し自分への時間に集中しようと

 

それでも自分の時間とは生徒さんの入試問題の研究なんですが

 

出題された文章の出典の内容を読んでみると

 

オープンダイアログですとか

 

あるいは病気からの社会復帰について書いてあり

 

わたしがなかなか文書化できないところを的確に記述されていて

 

感動しました

 

自分で書くより

 

インタビューを受けて書いていただければと思った次第です

 

 

 

 

 

 

f:id:route66-jp:20210808225919p:plain

生徒さんにInstagramの投稿の仕方を聞かれてデモをした写真、例のつもりがなかなか良い一枚になりました

 

さて、こちらの書籍にありますように

 

わたしが感じていた精神保健福祉への違和感

 

つまりは社会復帰をどう進めていくかについて

 

当事者なりに

 

考えて実践した取り組みが

 

まさに

 

ここに書かれていることと実感しました

 

わたしは当事者ですから

 

誰かを助ける治療者ではなく

 

自分自身が自分自身を助けるために取り組んでいたこと

 

そりゃ時には失敗もしましたけれど

 

でもいろいろありながらも今こうして生きていることが

 

決して偶然ではなかったんだなと思って今日はうれしい一日になりました