つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

しんどい状態だから時間を忘れるために夢中に なれるものを探したんだろうね

わたしは「書く」タイプだと思うんだけど

陽性と診断されて

入院して

とそのあたりのことをふりかえろうと思って

ノートなんかを見返したら

なんも書いていないのね

 

えー?、あれこれ考えていたじゃん

と今は思うんだけれど

いや、何も書いていない

(それどころじゃなかったんだよ)

 

そのことに気がついたのは数日前なんだけれど

 

探してもなさそうなんで

(相当大変な状態だったんだよ)

 

自分で自分をふりかえっても記憶違いなんだろうね

 

残してあるのは

 

このブログかー

 

貴重だな・・・

 

と思ったら、もう一つ自分用のブログというものがあった

(冷静に考えるとほとんど眠っていたんじゃ・・・)

 

f:id:route66-jp:20210924051204p:plain

昔あったなー、こういう外観のお店 パン屋さん??
懐かしいです

入院中とか

そのあたり

自分でいろんなこと考えて

 

その中では

「我ながらいいなー」と思うことがたくさんあって

 

あれから1か月だし

今の体調ならパソコンなどもできそうなんで

書き出しておくかって思ったら・・・

 

何も書いていなかったということ

 

 

 

 

入院中

毎日、看護師さんが「売店(コンビニ)に行くけど買い物ありますか?」と

聞いてくださって

最初に頼んだのがノートなのね

 

 

 

 

前にも書いたけれど

老後必要だと思うのは、ラジオとペンとノートと・・・みたいな

 

で、自分としては入院となった時にカバンにノートと筆箱を入れていた

ではなんでノートの買い物を頼んだかというと

持っていった一冊じゃ足りないと思ったから

 

実際に入院中はノートに考えたことを書きまくった記憶があるし

 

それはそれで残ってはいるのだけれど

入院してから6日目までの内容がない

あるのは電話しなくちゃいけないところのリストと通話のメモだけ

 

入院には

着替えを入れるスポーツバッグと

いつも持ち歩いている小さなリュック

そして貴重品のサコッシュを持っていった

 

リュックの中には

さっきも書いたノートとペンと筆箱

本はどうしよう・・・と思ったけれど

あんな状態で選べなかった(これが部屋を片付けようと思ったきっかけ)ので

キンドルだけ

 

最初の6日は

キンドルで本を読んでいたのがメインだったんだろう

そんなことを思い出した

 

 

他のことを忘れるくらい夢中になっていたんだろうか??

 

でもね、そういう夢中になって取り組んだことって

わたしの場合は過去にもいくつか思い出ある

 

楽しいから夢中になるというのはよくある話だけれど

どう考えたって楽しめる状況じゃないよね

 

じゃ、なんで夢中になる?

そりゃ、しんどい状態だから時間を忘れるために夢中に

なれるものを探したんだろうね

 

また一つ、そういう経験が増えた

 

わたしは過去にD.J.HIROと名乗ってラジオ放送をしていけど

これも同じ

楽しいからやるというよりは病気の痛みが強くてしんどいから

 

何かに夢中になれるものを探していたんだろうね

 

ラジオをやっている時は時間を忘れられて

それが続いた結果だと思う