つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

新しいことを始める楽しさっていうのは そのときは案外とわからないものなのかもしれないね

精神的に参ってしまったときに

「なにか楽しいことを始めなきゃ」とアドバイスされた話を昨日書いた*1

 

楽しいこと・・・か

 

わたしは

人生ふりかえると

勉強も仕事も

楽しいことの方が多かったように思えるが

 

じゃあ、なんで

楽しくないかと感じるのか

 

その一つの答えとして

「できるようになれば楽しい」と

割り切るようにした

 

なので

楽しくないなーと思ったら

楽しくないと思って取り組んでいるもののうち

できないことをできるようにすることで

楽しくない気持ちを減らしていくこと

 

自分にも

学習指導をしている生徒さんにも

心がけて実践してきたことである

 

また

小中高から大学

社会人へと

求められることがどんどん変わっていくでしょ

それも短時間で

 

それにうまく乗れていかないと

できないことが多くなって

だんだん楽しくなくなる

 

「要領をつかむまでの辛抱」なんだろうな〜

 

 

 

だったらね

一回要領をつかんでっていうなら

 

つまり

自分としてやり方を確立してしまえば

楽しいだけになるのかなとも思ったことがあるけれど

 

わたしの場合は

どうやらそうではないらしい

 

できなくなるから

楽しくなくなるのはそうなんだけれど

 

一方で

できるようになった同じやり方を

ずっとやり続けるのも

苦痛になってくるんだな

 

 

 

今、その状態にいるのかもしれないね

 

 

 

だから新しいことを始めるっていアドバイスは的を射ているのかな

 

 

 

次の新しいこと・・・か

 

 

 

わたしが

最初に倒れて職場復帰したときの話

 

いよいよ本格的な業務を

となったときに

 

一番上の方に

「君は社内で意見の調整をするより

 世の中に出て

 さまざまな新しいものを探してくるのが向いているんじゃないか」

と言われたことがある

 

 

そのときは「えっ、向いてないです」と思って

そのまま返したのだけれど

結局その仕事をすることになって

今に至っているわけだ

 

 

新しいことを始める楽しさっていうのは

そのときは案外とわからないものなのかもしれないね