つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

あー、何ごとも動き出してみないと 見えてこないことがあるんだよな・・・

これまでのことをまとめる話

取り掛かってみた

まずは

そのときハッと思いついたことの記憶を整理していくことにした

 

で、その時思ったのは

初めての海外出張で

アメリカに行った時のこと

 

それを思い返した

 

 

・この出張の時にその後の人生を変えるような発明を思いついた話

 

・そもそもこの出張は乗り気ではなくて、行くのを決めたのはむすこたちのことがきっかけ

 

などなど

 

なんでこの話をよく覚えていてまとめようとしているのか

自分でも驚くほどいろいろ出てきた

 

この頃の写真は残っていなくてアルバムに残っていない

 

ネットを探しても当時の様子はなかなか出てこない

 

お世話になった宿の名前は覚えている

 

これまで

自分で「まだあるかな?」と時々見返していたんだけれど

探したら無くなっていた

 

えー、とショックだった

でもコロナ禍だったから仕方ないのかな

とか

いろいろ思っちゃったんだけれど

 

 

もっと驚いたのが

わたしが見返したのが

2014年の2月12日、今から7年前の話だったこと(自分専用のブログに記録を残していた)

 

うーん、記憶力がいいのか

そうでないのかわからん・・・

 

で、昨日やったことはというと

 

そのホテルの写真がネットのどこかに残っていないかと探してきてそれをプリントアウト

 

それに昨日も話題にした

場所がどこにあったのかを地図で確認

 

あっという間に数時間💧

でも楽しい

 

f:id:route66-jp:20211125083017p:plain

こんな感じでまとめていくんだ

一番課題だと思ったのは

「こうして資料を集めたり原稿を書いていると

ファイルが足りなくなる」こと

 

すなわち

整理するはずがさらに資料が増えるということだ・・・

 

加えて

そもそもなんで宿(ホテル)の話がそんなに大事なんだと

根底からひっくり返るような自問自答も始まり

 

そりゃそうだよね

 

あー、何ごとも動き出してみないと

見えてこないことがあるんだよな・・・

 

 

しかもね、

このホテルは好きで選んで泊まったわけじゃなくて

あーあ

もっと早くに予約しておけばなーって後悔の気持ちでお世話になっていた

 

また泊まりたいとも思わなかったし

 

 

わたしは海外に行くとマイルの関係でマリオット系列に泊まることが

多かったんだけれど

今はそのマリオットグループに加わったみたい

 

 

だとすると

そうなると

もしかしたら泊まっていたのかね 

とか

またいく機会あるかも

なんて思ったり

 

 

ところで

この出張は学会発表だったんだけれど

メインの仕事ってほとんど印象に残っていないのが不思議

 

なんでだろうな〜

 

 

そう考えると

オンライン出張とか

オンライン会議って

長い目で見たらどうなんだろうね

 

なんてことも思ったり