つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

「生かされている」と 真正面に考えることと そして 笑いの中で考えること

「生きているんじゃなくて、生かされている」

よく聞く言葉だし、頭の中では理解していても

こう毎日に追われてなんとかしなきゃという日々を送っていたら

やっぱり生きているっていう感覚だよ

 

この言葉を聞いて印象に残っているのは(初めて聞いた言葉じゃないし)

17年前のお寺での一場面だった

 

ご住職の前にお話をされた方がこのことをおっしゃったのだが

聴衆の反応はシーンとしてしまって

その後のご住職の話は

笑いに包まれた内容で

同じ話をするにしても対照的だなと思った

(もちろんどっちがいいという話ではない)

 

 

繰り返すがあれから17年

生かされているんだなと考えた方がしっくり来る

2021年だった

 

2021年がそういう年だったのか

わたしがそう感じる歳になったのか

両方だと思うけれど

 

17年前のこの話を思い出す

 

「生かされている」と

真正面に考えることと

そして

笑いの中で考えること

 

前者だと

わたしの場合

苦しくなってしまって

あれこれと心配をしたり

反省したり

そうなってしまうことがある

 

そんなときは

日々の生活の中で

ユーモラスに考えられると

とても気が楽になる