つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

自分一人だけの世界で やっていてもいいんだけれど 誰かに話そう、伝えようという思いがあるだけで テンションやモチベーションも変わってくるし、その効果は捨て難い

ある出来事がありました A

それでわたしは考えました B

AとBについて書きました C

 

と言った流れでわたしは話をしたり原稿を書いたりしているが

Aの出来事の客観性を確認し写真・録音などの確証を揃えながら

B、Cを進めていく

 

これって研究職・企画職時代の名残りなんだろうか

 

そこまで厳しかったかな?と思ったりもするが

 

 

 

ラジオDJを始めたあたりかな

周囲から

記録として写真を撮っておくこと

それらを発表するといいとすすめられて

それも見栄えのいい写真で

 

つまり

ラジオ放送をしながら

写真も撮って発信するという

どっちがメインなんだかわからないことをずっと続けていた

 

 

不思議なことに

注目度はラジオが大きいんだが

反応は写真の方がたくさんいただけるという状態になり

(要は聞いていないんだよ😅)

 

こうなると

写真のためにラジオをやっているような感じにもなりかねない

 

自分でも

写真の出来栄えを考慮に入れながら

行動してしまうという

 

あれ?なんか違うぞ??

みたいな感じになっていた

 

とはいえ、記録を見返すと

確かに思っていたことと違う現実を見つめることができる

 

そういうメリットはある

勘違いしなくてよかったとか

結構思い込み強かったなとか

 

だんだんと窮屈になってはきていたけれど

 

 

 

f:id:route66-jp:20211202095814p:plain

今日ラジオで紹介した、南極の氷の話

 

生きているのは自分だし

自分を動かすのは自分の主観だし

 

勘違いしたり、思い込んだりで困ったならその時修正することにして

 

もっと自分の感性を優先して

そこにフォーカスして行った方が

楽しいことに気がついてきた

 

ただ、それをどうアウトプットしていくかの課題が残る

 

 

でもいいや、実行しちゃおう

ということで

 

その昔、40年前とか30年前?

常磐線の荒川沖-土浦間に

線路から100メートルくらい離れたところにポツンと一棟だけ

三階建てか四階建ての集合住宅があって

真ん中に入り口があって左右に一戸ずつ

屋根にプリマハムの看板があった

 

今では見ることができなくて

あれはどこだったかなと

気にしながら思い出していたんだけれど

 

 

f:id:route66-jp:20211202102646p:plain

たぶん、この辺りだったような

目星をつけて行ってみた

 

A ここにこういう建物があったというオフィシャルな記録はまだ探せていない

 あるのはわたしの記憶だけ

 

B 考えたこと・・・と言っても

 わたしはハムが好きじゃないし、なんで建物のことを調べようとしているのか

 そういう理由が自分でもよくわからない

 集合住宅のマニアなんだろうかとも思ったけれどそれほどでもないし

 

 もし教えてくれる人に出会っても、どうお礼を言っていいかわからない

 何か発表するとか、自分の研究対象だということも今のところ予定はない

 

 自分でもなんでそんなこだわるのかがわからない

 

C それでもね

 このことを考えてアウトプットするのがめっちゃ楽しいんだよ

 

 ブログで公開するのは考えてしまうし

 自分だけがみられるブログでもいい思うし*1

 

 (そう、公開するとなると写真や資料の扱いとか悩んじゃうしね)

 

仕事で取り組めば

アウトプットに対する位置付けの説明をしないとならないし

 

SNSやブログで公開するとしたら

外部に発信するだけで気をつかってしまう

 

自分一人だけの世界で

やっていてもいいんだけれど

誰かに話そう、伝えようという思いがあるだけで

テンションやモチベーションも変わってくるし、その効果は捨て難い

 

 

そんな思いが交錯する中

出口を見つけようとしている

*1:今回は事例として上げるために載せました