つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

感覚を大事にして見ていくのが楽しいのであって 「あれ見た?」「これは?」とやっていくと楽しくなくなる

趣味の話を書いたが

自分でも趣味と言えるかわからないが

出かけた先で、その街のスーパーを訪れるのが好きである

 

普段行かないところで

どんなものが置いてあるかを見るのが

若い頃からの楽しみになっている*1

 

これも

感覚を大事にして見ていくのが楽しいのであって

「あれ見た?」「これは?」とやっていくと楽しくなくなる

 

記録を撮るのも過度になるとそちらに気を使うので避けている

 

月日を経て撮っておけばなーと思うこともあるが*2

 

 

f:id:route66-jp:20211204090127p:plain

想像以上に閑散としていたけれど、楽しかった 来たのは25年以上ぶり

 

若い頃 (20代)に来たことがあるスーパー・モールを訪れた

学生時代と思っていたけれど、卒業後だったみたい*3

 

えーっ、こんなに古くなっちゃうの?

外国だったらまだまだなのにリフォームの差??

 

とか思って衝撃を受けた

 

でもスーパーに入ってみるとわたしには満足の品揃え

いつも行っているお店より安いし

それに珍しいものも見つけてゲット

予定外の買い物だったけれど楽しかったなー

 

大きな建物の中にスーパーと専門店が入っている構成になっているんだけれど

専門店のエリアは空き店舗でガラガラ

そんな中で目立ったのが高齢者向けのサービス

 

そう言われると

途中の道々で高齢者のデイサービスをはじめ居場所?が

目につくようになった

 

今までなかったものが増えたのか

自分の関心がそこにいくようになったのか

それはわからないが

 

スーパーめぐりとともに新しい楽しみになりそうだ

 

 

 

 

*1:当時従姉に話をしたところ、彼女は金物屋に行くそうだ わたしはそこまでの度胸はない

*2:大学1年の時に旅をした伊那の街でニシザワショッパーズという名のスーパーにお世話になった、その時の話を青森から新潟で隣に居合わせた乗客と話が盛り上がり楽しかったなー、彼はそこの出身ではなく全国を旅していて、やっぱりスーパーを訪れるらしい

*3:竣工して28年くらい??