つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

こういう毎日を送りたいなーと思って取り組んできたことも いずれ まとめる時が来るのだろうか にわかには信じがたいが

会社でお世話になった方

その後それぞれの道を進んでいるが

起業された諸先輩の方々が相次いで引退されたとの報を受けて驚いている

 

 

独立されて10年以上経っているので

考えてみればそういうご年齢だとはわかるのだが

それにしてもあまりに早く感じてしまうのはなぜだ

 

 

大学教員となった同級生も

すでに

残りの年数を考えて研究を進めていると聞いていたので

その話をいよいよ考えないとならんのかな

 

 

不思議なもので

会社勤めをしていると「まだ」

独立していると「もう」

と感じる

 

つまり、

例えば65歳まで働くとするでしょ

勤め人だと65歳まで「まだ」あるなーと思ってしまうのだが

あるいは「まだ」働くんだとなるのだが

 

自分でやっていると

「もう」やめなきゃいけなくなる

「もう」やめちゃうんですか

 

っいう感覚になるんだよね、自分の場合、不思議

 

この差はなんなんだろう??

 

 

 

f:id:route66-jp:20211209105610p:plain

ふと、東京に住んでいる時に近所きていたアイスクリーム屋さん

 

残り時間を設定して取り組む経験は

かつて何度も経験してきた

 

それは仕事だけに限定されるものではない

だから

わからないことではないが

 

仮にあと10年で何ができるだろう

あと5年で、3年で

 

この時

わたしは今までない

今まで感じたことのない

フォーカスが定まらないような心境になるのだ

 

その理由もわからない

 

ただ、そうやっている時も

時間が流れていて*1

「気がつけば」となってきた

 

 

 

こういう毎日を送りたいなーと思って取り組んできたことも

いずれ

まとめる時が来るのだろうか

 

にわかには信じがたいが

 

*1:年内までには終わらせるといった目標もほんとに年の瀬が迫ってきた