つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

絆創膏の思い出の続き

もともと土曜日はあるテーマ*1で話を書こうと思っていたのだが

突如ラジオで絆創膏の話になり

そのことを書いた*2

 

 

50年近く前のことで記憶があやふやなのだが

「バンドエイド」とか「サビオ」といったブランドがあり

CMもあったように記憶している

 

他にも

少年朝日年鑑や小学生新聞などにも

薬の広告が掲載されていて

ケガとかはしたくないと思いながらも

そういった救急用品があったらなと思っていた記憶がある

 

ゆえに

家の救急箱ならず保健室や

野外活動の団体が持ってくる救急キットの中身には興味を持っていたと

同時に

絆創膏がなんなのかは知らず知らずのうちに関心をはらっていたのだろう

 

今からは考えられないが

 

 

f:id:route66-jp:20211211212517p:plain

 

さて、最初の海外出張で

それは98年だったのだが

たまたま入ったドラッグストアで

なぜだか絆創膏を買って持って帰ってきた

 

アロエの絆創膏が珍しかったのだろうが

これが帰国後、妻にものすごく評判がよかった

 

わたしはケガもなかったのでお世話になることはなかったと記憶しているが

以降の海外出張で同じものを手に入れたいと

いくつも店を回った記憶がある

 

結局は見つからなかったのだが

代わりに海外の絆創膏をいくつか買ってきた

 

 

 

さて、最近新たな入浴剤を試してみたところ

合わなかったようで

無意識にかいてしまい傷を作ってしまった

 

そんなときに絆創膏の登場となったので

わが家の絆創膏はどこにあるのと聞いてみた

 

 

f:id:route66-jp:20211213104121p:plain

こんなにあるんだー

押し入れの中にこんなにあるんだーと驚いた

 

とは別の探し物をしていて

 

わたしの本棚引き出しにも絆創膏を発見

 

妻曰く「いつ買ったの??」

 

わたしにも記憶がないが

 

これらの絆創膏はいったい誰がどんな思いで買っていたのか

 

おそらくわたしではないと思うのだが

 

どうやらそれを真っ向から否定はできないので

 

思い出しながら

 

過ごしてみたい

*1:その内容を忘れてしまった

*2:

i-counseling.hatenablog.jp