つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

人生の選択は結局はひらめき次第だということなんだろうか?

一昨日

「自分にしかわからない物語」の話を投稿した*1

 

自分にかわからない物語をあえて書くとなると

それは読み手は自分なのだが

誰かが読むことになることも想定されるので

そうなると書くことにより慎重になるなと思うのだ

 

引用したこと話には続きがあって

自分にしかわからない物語とセットになって

人生の選択があって

なるほどなと思った

 

ターニングポイントでの選択

その選択肢は見えている(た)だけじゃないし

選択した理由も一つだけじゃなく

またその理由も見えている(た)だけじゃないのだ

 

そして選択をする/しない

から選択しているという

 

これを自分にしかわからない物語として語っていくというのは

この1日、2日やってみたけれど

想像以上に大変だということがわかり

 

また

 

わりかし、当てずっぽうでやっていたりする方が

理由としては大きいんじゃないかとも思えたりしてくるので

 

一言で言って

 

「おもしろい」

 

 

そんなことをやっていたら

やんなきゃいけないことが山積みとなってしまい

どうしようと思うのである