つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

今できる最善のこと

過去に起きた出来事がまた起こるんじゃないかと思って動けなくなるのがトラウマ

起きてもない未来を思ってしまうのが不安

だったりするのであれば今何も起きていないのなら大丈夫だから今を生きよう

 


などと何度も言われたが

そう頭ではわかっていても

そう思えないのが苦しいところ

 


そんなことあったよなと出来事を思い出しながら

メンタルヘルスのラジオ番組を聞いていたら

この今に帰ってくるにはどうしたらいいかという話になり

誰かに助けてもらうのがいいんじゃないかと

なるほどなーと思った

 


このパーソナリティの方がいうには

これがマインドフルネスでも

そういうアプローチを取るらしい

というのが最近の話らしい

(ここら辺うまく聞き取れていないかもだから違っていたらゴメン)

 

 

 

具体的なアプローチをご紹介いただいたところ

「あっ、これ20年近く前に大学病院でやっていただいたのに似ている」

と感じた

 

 

 

導入がどうだったかとかは

ちょっと思い出せないんだけれど

言葉を使って感覚を想起させて

最後はリアルな自分の感覚に辿り着いていく流れだったと思う

 

 

 

「今を生きよう」と言われても

わたしの場合わかっているようでわからないことの方が多いから

こうしたアプローチの方が

結果的に今を生きることにつながるのであれば

取り入れやすい

 

 

 

そしてちょっと別の話になるかもだけれど

「あれやんなきゃ」とかそういう状態で手がつかなくなってしまったら

今やれることで最善を尽くすアプローチ

 


(理想状態には遠く感じるかもしれないけれど)

結構効率的なんだって

 


うん、そうかもしんない

 


これも今を生きることだもんね

 

 

 

もっとこの話深めたいけど

パーソナリティさんにすぐ会うこともできないし

どの本に書いてあるかわからないけれど

疑問や考えをその日のために温めていこう

 


それが今できる最善のこと