つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

充電の時期 蓄えたことを実行に移すために 巣立っていったとそう考えればよいのかな

ずいぶん前に聞いていたラジオ番組

それは多くのリスナーがいる大人気のようで

今も続いていると同時に

イベントも定期的に開催されているという

 

いつかは行ってみたいものだと思いながら

なんと、オンライン開催されると聞いて

イベントは初参加

 

tfm.co.jp

 

ラジオなんで

声しか聞けないわけでしょ

 

今回初めて誰がしゃべっているかを知った(というか見た)

 

アニメのキャラと声優さんのギャップに驚くのと

同じような衝撃が

でも目をつぶって聞いてみると

やっぱりこの人だ

となるのが楽しい

 

 

この番組は

むすこたちと一緒に聞いていたんだよね

ちょうど3人とも受験と重なっていたんじゃないか

 

 

彼らは覚えているかどうかわからないが

受験勉強の息抜きに

みんなが一つの部屋に

いや

ラジオのあるところに集まってきて

それぞれ聞いていたように思う

 

 

サラリーマンの職場がメインの舞台となるラジオドラマで

それこそ職場ストレスがきっかけで休んでいたわたしのことを心配して

妻が

「聞いていて大丈夫なの?」と言ってくれたことも

彼女はもう忘れているんだろうな

 

 

確かにね

当時聞いていてしんどいこともあったと思う

 

でも

なんでこの番組を聞いていたかというと

職場の仲間の温かさが憧れだったんだろうな

 

だから

今の自分があるのは

こういう温かい場を作りたいという気持ちにつながっていっているんだと思うよ

 

 

これともう一つ影響を受けたテレビドラマも*1

 

 

自分の記録を見返して見たが

聞き始めた時期と聞かなくなった時期がよくわからない

 

毎週のように聞いていたのが09年から10年ということは

強く記憶に残っている

 

きっとこの時期

体調がものすごく悪くなった時で

別の言い方をすれば充電の時期

 

蓄えたことを実行に移すために

巣立っていったとそう考えればよいのかな

 

そんな場所が今も残っていて

帰れるのが楽しい

 

そして帰った時に

サラリーマン時代が懐かしいなーと思える幸せ