つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

どうしてその作品を作るのかという動機にあるもの それこそがやりたいことなんじゃないか

わたし自身

そしてむすこたちも含めてだと思うのだが

成人式については

あれ、どうだったっけとなってしまう

 

わたし自身

成人式のことについて関心がなかったこともあって

あの異様な盛り上がりについて

ついていけないというかわからない文化だったりする

 

昨日もラジオで披露したけれど

その時住民票があった場所の式典に出たので

誰も知らない

 

後から聞いたのだけれど

小中(それぞれ別)を過ごした場所の友人たちからは

引っ越したしまった人も戻ってきたという

 

それ、ありなんだ!と思ったから

うちの子たちは

友人の誰かのところの式典に出たのだろう

それでよかったなと思っている

 

私立中に進んでしまったり

その頃に家が転居してしまうご家庭だとどうしているんだろう

と、あらためて気になった

 

www.mapple.net

 

これと言った思い出がない成人式で

 

誰も知らない、式典の話も聞こえない、どうせバスは混んでいるだろうから

山道を一人降りて帰ったのだが

その光景がリンクの写真である

 

わたし自身

あまりに身近すぎて写真にさえ撮らなかった風景だが

こうして作品として映像に・画像に残っていることを

その後30年くらいして知ることになった

 

 

後になっていく聖地も楽しいし

なじみのある場所が聖地になるのもうれしい

 

 

自分で作品ができればいいのだが

そんな力はないから

絵を集めていくことならできるのかなと思ったり

 

また

どうしてその作品を作るのかという動機にあるもの

それこそがやりたいことなんじゃないかと思ったり

なかなか議論は尽きないものである

 

 

 

昨年の入院中に読んだ本