つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

受験だけの人間にはなってほしくなくて自分の子どもに学習指導してきたこと

書類を整理していて

30年以上前に受験した国公立二次の入試問題が出てきた*1

 

当時受験したわたしが問題文に書き込んだ跡があるわけで

それを見ると

「なんだか見通しのないまま進めているなー」と言う印象

 

「この問題はこう言う展開で持っていくんだよー」と方針までは立つが

さてさて実際に計算を今初めて答えまで持っていく馬力があるかどうか

 

昨日の投稿では厳しいことを書いたが

大学受験に際していくつか思うことを書く

 

1.

大学受験のときまでに

その入試問題を解けるようにするには

小学生のうちからどう進めていけばいいかブレークダウンして

中学・高校で身に着ける知識はさておき

それに耐える土台のなる力を鍛えておくことだろう

 

2.

30年以上前の問題の第一問は

一次変換に関するものだった

今じゃ範囲ではないので出ないが、

ちょっと前の入試でも見ないような内容

 

 

これ出題した先生は当然引退しているわけだけど

どういう思いで問題を作ったんだろうなんて考え出したら

続く二番以降の問題についても

そこから感じる思いが伝わってくる

 

 

大学側からすると

取りたい学生をテストで選抜するわけだけど

自分の研究室に取るっていう話ではないから

もうちょっと全体のことを考えて

かつ

他の先生の目もあるしね

 

例えばわたしの合格基準

こう言う学生を採りたいっていうのが

・きちんと連絡が取れる

・ていねいな言葉使いで対応できる

・うまくいかない時でも冷静に対応ができる

 

なのだが

この基準で選抜すると客観性をどうするんだっていう話になり

それをペーパーテストで評価できるように落とし込まないと

ならないって言うことになる

 

そこまで求めてないと言われると返す言葉としては

だったらわざわざ問題を作るモチベーションにならない

 

で、何が言いたいかというと

選抜する側の問いかけに対して答えられるようになっていないといけないこと

 

 

3.

でもね

1.2.は大学に入るためにクリアする条件を書いたわけ

1は実際の問題を解けるか、客観的に見て合格に値することを点数で表せるか

2は1に当たって出題側が問いかけるメッセージを酌んで

 テストなり、日頃の勉強なりをアウトプットに向けて進められるか

 

そういう話

 

でも大事なのは

1.2.と並行して進める自分の大切な時間

そして

合格後にはいつまでも入試のことを言っていても仕方がないので

次の勉強なり、取り組みになり進めるかって言うこと

この3と言う力を十分に確保できる力を養っておいたらいいんじゃないかと言うこと

 

わたしはそうして

自分の子どもにも学習指導してきた

*1:わらばん紙の匂いが懐かしい 学校ではまだ使われているけれど、時が経つほど味が出てくるのだろうか