つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

その時わからなくても、いつかわかればいいということ だからあきらめないでいいということ

日本には○年生で〇〇を学ぶという慣習がある

足し算、引き算は1年生

かけ算は3年生

英語と方程式は中学一年生といった具合である

 

英語が中学一年生??と言われるかもしれない

そうだよ

時代とともに細かく見ていくと

○年生で〇〇を学ぶ

というのは変わっていくので

そういうのにはあまりとらわれない方がいいと思う

 

よく

〇〇高校に入ったから頭がいいとか

〇〇大学に入学したからどうこうという話があるが

それはその年齢の時に試験範囲の成績がよかったという話で

 

別の視点で考えれば

その年齢に間に合わなくても

その後で解けるようになればいいんじゃないかと思うのだ

 

わたし自身、中学高校と第一志望は開成だったが

入学試験の時には解けなかった問題も

半年もして過去問が販売される頃には

答えを見て「あーそういうことだったか」と妙に納得した記憶がある

 

悔しいというより、ちゃんと解けた自分がうれしかった

 

 

一方、大学受験はそう簡単にはいかない

今でも格闘しているのは

レベルが高すぎるのか、いやわたしの能力が追いついていないのか

そういう世界である

 

いつまでも

受験勉強にこだわったり、執着したりする必要はないと思うが

入学試験に出題されるということは

入学後に必要な能力を提示していることだろうと前向きに考えて

わたしは機会を作って自分のレベルをキープするように意識している

 

 

前置きが長くなったが

今日言いたいことは

「その時わからなくても、いつかわかればいいということ

だからあきらめないでいいということ」

 

 

f:id:route66-jp:20220325091437p:plain

今、唯識をテレビで勉強している

 

唯識」を勉強したらいいと勧められたのが今から18年前、2004年だった

当時、紹介された本も買って勉強したのだが全然頭に入ってこない

そんな状態であったがいつかわかる日が来るだろうと思って

本も残しているし

 

また「唯識」についての新刊が出れば買っていた

この教育テレビの内容も録画したのが5年前

 

もちろんその時も見ていたのだがさっぱり頭に入らず

 

ただ先日、

「もしかしたら学ぶのは今じゃないか」という直感が働いて

テキストを手に録画を見たところ

まさにタイミングは今!!という感じだった

 

なぜ、今なのか

なぜ、そう感じたのか

に理由は見つけられないけれど

録画のハードディスクが壊れる前で良かったなーと思っている

 

 

唯識を勧められたのはわたしだけではない

妻も同時に勧められていた

 

今、わたしから妻に

おもしろいよーと勧めているところで

 

これもいつ行動になるのかわからないが

その時が来るのを楽しみにしている