つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

やろうと思っていたこと これだけはやろうと思っていたのにということ それがガラガラと崩れてしまったが それを認めることで楽になったと感じている

毎週Podcastで

「今週をあらわすタロット」を配信している

占いとタロットは違うものとのことで

なかなか慣れなかったが

なるほどこういうことなのねと感じられるようになった

 

始めたのは4年ほど前のラジオ番組の企画である

当時からリスナー向けに行っている

 

カードを引いて内容を考える時には

どうしても我が身に照らし合わせて考えてしまうため

自分だったらどうだろうと

そうした基準で話をしている

 

「このカードの意味、わたしにも当てはまります」という感じで

 

 

f:id:route66-jp:20220417080353p:plain

 

さて、週末に配信した中で

「コロナ後遺症がきつくて先々の見通しが立たない

 特に体調が急変するので今後何をしたらいいかわからない」という話をした

 

それに対して妻から

「元気になったら、という仮定はしない方がいい」

という解説を聞いて妙に納得してしまった

 

 

「元気になったら何しよう」

「何かを見つけよう」

そう思っても、そうはならないことは過去の経験から学んだことから

言えば確かにそうなのである

 

 

今回の場合

コロナ感染前の状態まで戻そう、戻そうと思い

突然倒れた、その直前の状態で止まってしまっていたこと

その続きを終わらせなければと焦っていた

 

 

そして

感染の前までずっと続けてきたことを

今も続けなければと思っていた

だから焦るのだ

 

この先どうしようと思っても

どうなるかわからない

病院を見つけて治療が始まって順調にきたのに

それだけに、先っ、先っと思いが先行してしまって

現状とのギャップに苦しんでいたのだろう

 

 

やろうと思っていたこと

これだけはやろうと思っていたのにということ

それがガラガラと崩れてしまったが

それを認めることで楽になったと感じている