つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

新しい鉄道の楽しみ方を自分で見つけてみて楽しんだ一日

わたしは地理が好きで歴史がちょっとというのが

高校生からの感覚(小中学が好きだったがだんだんと遠のいてきた)

 

それは鉄道にも言えることで

どうも「今」というものに注目

あるいは身近に感じないとピンとこないので

頭に入らないというか興味が・・・

 

 

以前長崎を旅した時に

大村線に沿って進めばいいとアドバイスを受けた

実際にそうしたのは

かつての長崎本線は早岐-諫早ルートを通ってたと聞いたから

そしていい眺めですよとの言葉も

 

その時はクルマだったので

線路沿いに走ったところ本当にいい体験をした

 

以来大ファンになって

今回先頭車両からの眺めの動画を見ることにした

 

ここからがわたしの時代感覚が

まだ歴史を学ぶに至っていないのだが

ホームの長さが思った以上に短く

これで東京からの寝台特急とかは大丈夫だったんだろうか?

と思ったところから

歴史を紐解き始める

 

ずっと鉄道が好きだったんだけれど

急行や特急などの優等列車が目立つようになったのは戦後で

また

長崎本線がさっきにも述べた早岐-諫早ルートだったのは

ずいぶんと前のことだったんだなということを学ぶ

 

 

でもどうやって

その歴史の流れを頭に入れたらいいのだろうと

字だけを読んでいても頭に入らず

ついに絵にしてみた

 

 

自分でネットを見ながら描いた

実際に書いてみると

いろんな疑問がさらに起きて

がぜん楽しくなってきた

 

なんだろうこの学ぶことのワクワク感

 

自分でも忘れていた感覚に

ちょっとうれしく感じ

今日もまた一日

たくさんの疑問、そして解決したとこに心躍る気持ちになって過ごした