つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

目をつぶって 横浜の景色の移り変わりと わたしの歩んできた人生を重ね合わせて 再び息を吹き込んだこの曲を聞くと 感じること気づくこと多いんじゃないかと思う

いい日旅立ちの話で調べてみてわかったのだが

これが車内チャイムで使われているのが

東海道・山陽新幹線のJR西日本所有の車両でらしい

 

ここ10年、東海道・山陽新幹線に乗ったのは

東京-新大阪間

博多-小倉間

なので

どこかで耳にしていたのはこの時であろう

 

YouTubeにはこうした車内チャイムを集めたものがあり

聞いてみると懐かしい

 

そんな中で現在使われているものは

落ち着いた感じで

子どもの頃によく聞いた跳ねるようなイメージとオルゴール音とは

違ってそれもまた差があっておもしろいものだ

 

それにしても

小学校6年生の時にリリースされて

その時聞いた「いい日旅立ち」がこうして45年近く経って

新幹線の車内チャイムになっていて

聞くたびに当時のことから現在までのことを

あれこれと思いがあふれてくる感覚こそ

わたしにとって今を感じていると言える

 

いい日旅立ちについてはたくさんの人がカバーしているそうだが

わたしがよく聞いている山口百恵、谷村新司以外の方のカバーが

この車内チャイムに使われているらしい

 

そして前日の話に戻るのだが

時の流れとともに歌がカバー、セルフカバーされて

変わっていくこと

 

これも今まであまり受け入れないようにして

ラジオではできる限りオリジナルをかけるようにしてきたのだが

こうして自分なりの

思いを受け入れられるようになってきて

もしかしたらそれが楽しいのかもと思うように

ここ数日なりつつある

以前、仕事で乗ったのぞみ1号(6時発)

 

 

 

5/24の投稿で触れた*1

ヨコハマ・レイニー・ブルーという歌

Apple Musicで検索したら

このボーカルの方がカバーした形でヒットした

 

聞いてみると

声は当然似ているとしても

節回しとかは原曲と大きく違う

 

わたしが聴き始めたのは1984年の高校3年生

今回のカバー2013年?と30年の時が経っているようだ

最初は確かにえっ、とか、あれっと思ってしまったが

この1.2日何回か聞き込んで馴染んできている気がする

 

 

目をつぶって

横浜の景色の移り変わりと

わたしの歩んできた人生を重ね合わせて

再び息を吹き込んだこの曲を聞くと

感じること気づくこと多いんじゃないかと思うし

こうした曲に偶然巡り会えたこと

それが今を感じてきたということなんじゃないかと

わたしなりに思っている

(シリーズは一応これで一区切り)