つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

この伝えたいという思いも 落ち着いてきて 別の形にわたしの中で変化していると感じている

40代半ばで

なんでラジオDJを始めたか

 

一言で言えば

それは

伝えたいことがあった

 

エリクソンの発達段階の理論から言えば

ちょうどそういう時期なんだろうと思うし

病気をしていた自分にとって

無理させられないという

家庭や職場での周りからの配慮があり

それが実践しにくかった

 

そのため

第三の場所での活動につながっていったと

感じている

 

つまり

「次の時代に何かを伝えたい」という思いが募る世代となって

その時期に病気をしていたこともあり

家庭や職場からは無理しないようにとの配慮から

その思いを行動に移すことがむずかしく

そのため

家庭や職場ではない第三の居場所での活動につながっていったのだ

 

 

 

あれから10年

わたしは歳もとったと同時に祖父となり視点が変わった

病気も生活の制限はあるが治療は落ち着いた

(コロナという別の病気がやってきてしまったが)

わたしは職場を早期であるが定年退職し

次の世代に伝えることが仕事になった

 

 

そして

この伝えたいという思いも

落ち着いてきて

別の形にわたしの中で変化していると感じている

 

それが成長なんだと思うし

エリクソンの発達段階から言えば

次の老年期に徐々に移行しているのではないかと思う