つくばカウンセラー夫婦の日記

お互いがカウンセラーの小学校の同級生夫婦が日頃考えていること、感じていることを日記形式でつづっています

ラジオや授業を通して得られたものは、自分の中で物事が統合されていく感覚である

ラジオや授業の中で

わたしはある作業をしていたことに気がついた

 

それは一言で言えば

「自分の蔵書を処分している」ことだ

 

 

 

簡単に言えばこうである

わたしの部屋には

たくさんの本やCDがあった

 

それらをラジオや授業で紹介する毎に手放していったのである

 

つまりコレクションしていたものを手離していくという

自分でも想定外のことが起きたのである

 

大事にしているから集めていたのに何で?とも思う

不思議だ

 

もちろんだが

手放すためにラジオや授業をやっていたのではない

 

 

なんなんだろう、この不思議な感覚

 

 

そして、手離したあと

自分に何が起きたか

 

 

例えば一冊だけ手離したとしたら

それは感覚的に何かを味わうことはできないと思うのだが

 

あるテーマについて取り上げたときに

10冊の本を使ったとしたら

この10冊の本が自分の中で組み直されて

自分の中に新たな一冊が生まれてくる感覚である

 

 

大学の卒業論文など

たくさんの文献を読んで

それらが一つの卒論になるわけだが

その文献は巻末に

referenceとして掲載されるだろう

 

そしておそらく論文の著者は

参考文献をいつまでも保有していないはず

そんな感覚だ

 

繰り返すが

片付けるためにまとめたのではない

そこのところは大事だ

 

 

 

コレクションしていたものを手放すというのは

自分でも信じがたい行動だったりするのだが

そうした過程を得て生み出したものは

自分の中で

形あるもの、形ないものを含めて

地肉となって新たな世界を感じさせてくれている

 

ラジオや授業を通して得られたものは、自分の中で物事が統合されていく感覚である*1

 

 

*1:

再度念押しするが

これは「片付けるために行動しているのでは本末転倒である」こと

手離したとはいえ

デジタルでは保管していることは補足しておく